防災グッズ 防災用品

巨大地震への備え

 1995年(平成7年)1月17日(火)に発生した阪神淡路大震災では死者6千人以上、負傷者4万人以上を出しました。それから16年、2011年3月11日に発生した東日本大震災は、これまでこの地域では起こりえないと言われたM9.0の、日本観測史上最大規模の地震となり、最大震度は7を記録、死者1万5千人以上を出し、現在も3千人以上が行方不明のままです。

 そして今、懸念されているのが首都直下型地震。政府の地震調査委員会が「今後30年以内に70%」の確率で発生するとした地震は、最大震度7、倒壊家屋30万戸、死者1万人以上を予測しています。

 日本列島は地震の巣であり、巨大地震はいつ何処で起きても不思議ではないのです。いざという時のために、普段から備えておきましょう。

 地震調査研究推進本部 国土交通省地震ハザードマップ

 

サイトマップ

内臓脂肪の落とし方